十一月 りんご

グランエックス12ヶ月
中川たまさん

11月に入り、空気に冬の気配を感じるようになりました。
家でゆっくり食事をするのが楽しい季節ですね。

冬の訪れとともに我が家にやってくるのが、りんごです。
「ふじ」「つがる」「王林」「陸奥」「紅玉」など、
りんごとひとくちに言っても本当にたくさんの品種があって、
味も食感も種類によってさまざま。

旬を迎える時期も微妙に違うので、
色々なりんごを好みや用途によって使えるこの時期は
りんご好きにとってたまらない季節です。

旬のりんごは蜜がたっぷりで、そのまま食べても
甘くジュージーですが、お料理に使っても
とびきりおいしく仕上がります。

今回は2種類の焼きりんごで、
お魚料理とデザートを作ってみました。
どちらもオーブンだけで調理できるので
気軽に挑戦してみてくださいね。

10月下旬頃から旬を迎えたシナノスイート。酸味が控えめでシャクシャクした食感が特徴です。

実は相性ばつぐん。
鯖のパン粉焼きに添えて

りんごを使ったお料理で馴染みのあるものはなんでしょう。
アップルパイやタルトタタンなど、お菓子を一番に
思い浮かべる人は多いと思います。

あるいはポテトサラダに入れたり、生のりんごを
お料理に使うのもポピュラーかもしれませんね。

でも、りんごはお肉やお魚とも相性がいい、
いわばフルーツ界の万能選手。
とくに風味のしっかりした青魚との相性がよく、
りんごの甘酸っぱさが青魚独特の臭みを抑えて、
さっぱり、爽やかに仕上げてくれます。

りんごを二等分にする
りんごは縦に二等分して、片方はメイン料理に、残りはデザート用に。一度にオーブンに入れて作ります。

我が家の定番は、香ばしく焼いた鯖のパン粉焼きに
オリーブオイルと塩で味付けした焼きりんごを添えた一皿。

おすすめの品種は長野県産の「シナスイート」や
「シナノゴールド」、秋田県産の「秋陽」など。
どれも酸味が控えめで、熱を入れても
崩れにくく、シャクシャクした食感が残りやすいものです。

アップルパイやジャムなどにはよく紅玉が使われますが
紅玉は火を入れると柔らかくなり、崩れやすくなります。
ここからはお好みですが、少し食感が残っていたほうが
りんごの爽やかさが感じられて、
お肉やお魚との相性もよくなります。
ぜひ一度、紅玉以外の品種でお料理をしてみてください。

熱々の焼きりんごをフォークで崩して、鯖に絡めて食べると
りんごがソースのようになって、とっても清々しい。
華やかな一皿ですので、おもてなしにもおすすめです。

鯖のパン粉焼きにりんごを添えて
りんごの皮の赤が華やかな一皿。今回はシナノスイートを使いました。熱を入れても崩れすぎないので、お料理向きです。

もう半分のりんごは
熱々のデザートに

さて、鯖のパン粉焼き用に作った焼きりんごですが、
縦半分に割って焼いたりんごの片方はデザート用に使います。

パン粉焼き用のものにはオリーブオイルと塩をふって、
デザート用のものには芯をくり抜いた穴に
バターとクルミを詰めて、全体に蜂蜜をかけて焼きます。

全体にしっかりと火が通ったら、
仕上げにはたっぷりのバニラアイスクリームをのせて。
甘酸っぱいりんごと甘いアイスの組み合わせは
大人も子供も大好きですよね。

こちらも熱々になるまで火を入れても
しっかり形が残っているので、りんご独特の
シャクシャク食感は健在。
食べ応えがあって、満足感のあるデザートです。
もちろん、トロッと柔らかい食感がお好みでしたら
紅玉などを使ってもおいしく仕上がります。

りんごにバターとクルミを詰めて
酸味のあるりんごには蜂蜜をかけてからオーブンへ。クルミの香ばしさがりんごに移って大人っぽい風味になります。

これからの季節、日本各地、
いろいろな品種のりんごが順々に旬を迎えます。
まずは一度買って、そのまま食べて、
それぞれのりんごの特徴を掴んでみてください。

こんな風味ならあの食材に合うかしら、
この香りはこう調理したらもっと活かせるかも。
そんな風に、自分で相性のいい食材や調理法を探すのも
りんご料理の楽しみだと思います。

そうそう、我が家ではポテトサラダにりんごを入れる
ことも多いのですが、家族に人気があるのは
りんごと焼いてほぐした鯖を混ぜ込むポテサラ。
いつもと違った風味を味わえるので、
こちらもぜひ試してみてください。

焼きりんごの上にバニラアイス
焼きりんごの上にたっぷりのバニラアイスを。りんごの熱でアイスが溶け始めた頃が一番おいしい瞬間です。

鯖のパン粉焼きりんご添えはこんなふうに

[材料]

鯖のパン粉焼き りんご添え(2人分)
りんご
1/2個
鯖(半身)
1枚
塩、胡椒
各適量
粒マスタード
大さじ1
オリーブオイル
適量
(A)
パン粉
大さじ2
イタリアンパセリ
適量(みじん切り)
オリーブオイル
大さじ2
鯖のパン粉焼きりんご添え

[作り方]

  1. りんごは縦半分に切り、芯をくり抜く。オリーブオイル、塩少々をふる(半分はデザート用に取っておく)。
  2. 鯖は半分に切り、全体に塩胡椒をしてから皮目だけに粒マスタードをぬる。
  3. (A)の材料をよく混ぜ合わせ、1の上にのせる。
  4. 180℃に温めたオーブンに1と2を入れ、10~15分焼く。
  5. 焼きりんごは二等分し、それぞれ鯖と一緒に盛り付ける。

料理:中川たま 撮影:野川かさね 文:小林百合子

<プロフィール>

中川たま

中川たま
(なかがわたま)

料理家。神奈川県・逗子で夫と高校生の娘と暮らす。自然食品店勤務後、ケータリングユニット「にぎにぎ」を経て独立。伝統を受け継ぎながら今の暮らしに寄り添い、季節のエッセンスを加えた手仕事の提案を行う。最新刊は2018年2月刊行の『季節の果実をめぐる114の愛で方、食べ方』(日本文化社)。ほか著書多数。

前の記事へ

次の記事へ