おいしい食材のこと

炊きたてのごはん、焼きたてのパン、香り高いコーヒー、こんがりオーブン料理・・・。
グランエックスをもっと楽しんでいただくために、厳選のおいしい食材の情報もお届けしていきます。

おいしい想い天まで届け~! 蚕豆(そらまめ)

おいしい想い天まで届け~! 蚕豆(そらまめ)

蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)

5月21日頃は

蚕が桑の葉を盛んに食べだす頃

蚕がつむいだ繭は何とも言えない

美しい絹糸になると言われています

 

さやの形が蚕に似ており

蚕が繭を作る時期においしくなるから

その呼び名がついたと言われる

 

”蚕豆(そらまめ)”

 

さやが直立して空に向かって伸びるので ”空豆” とも

 

さやの中のふわふわさんは

幼い頃の私の憧れ

思わず頬ずりしたことがあるのは私だけだろうか?

 

於多福豆(おたふくまめ)、唐豆、一寸豆、大和豆、いかり豆etc

日本各地に色々な呼び名が残っており

全国各地で愛されていたのだろう

 

紀元前5000年頃のスイス遺跡から

発見されたことから

世界最古の農産物とも言われ

ロマンあふれる豆

 

塩茹で、さやのまま丸焼きもいいが

大好きなのはやっぱり蚕豆ごはん

薄皮をむくのもちょいと学べばなんのその

 

お尻みたいな割れ目のところに

垂直にツメをいれて皮を引き離すと

とても簡単にむける

 

さや剥きも

家族で行えば楽しいひととき

 

炊き上がる10分ほど前にいれ

色鮮やかな翡翠色に惚れ惚れ

 

炊き上がるまでの香りもわくわくしながら

さぁおいしい想い天まで届け~!

さぁ!今食べなきゃ損!「赤ちゃんコーン」

さぁ!今食べなきゃ損!「赤ちゃんコーン」

愛らしい産毛のしなやかさ

シルクのような光沢と艶

誰もがとても魅了され

ずっと愛でたくなる

小さなペンシル型の赤ちゃんコーン

 

ベビーコーンと言うと缶詰や水煮を思い浮かべ

年中出回っているサラダの脇役と思われがちですが

 

この子に出会ったら

まずは触ってみたくなるに違いない!

 

ぷりぷりのとうもろこしにはまだならない

お兄さんサイズの皮をむいていくと

まだかな?まだかな?

 

翡翠色の艶やかなシルク糸

その先には

うぶな黄色いベビーコーンが顔を出す

 

君だね?!今食べなきゃ損なのは!

 

シルクのようなひげは種子へとつながる大事な襷

ひげの数だけとうもろこしの粒が存在する

この繋がりを愛でていると

とうもろこし本番までも待ち遠しいが

今食べなきゃ損なのはベビーコーン!

 

さっと湯がいてポクリ♪

トースターで皮ごと焼いて生醤油ふりかけパクリ♪

 

シルクのようなうぶなひげも

栄養たっぷりご一緒に!

水ナス浅漬けを「手で裂く」

水ナスの浅漬け

水ナス浅漬けを「手で裂く」

大阪南部泉州地域の特産品の水ナス

市場に多く流通している「中長ナス」のような長卵形ではなく、

ずんぐりとした卵形

皮が薄く、アクが少なく、ほのかに甘みがあります

 

そして、驚くべきは、滴るほどの水分量

夏に畑で農作業をしていて、喉が渇いた時にはこのナスを食べ、

喉の渇きを潤したといわれるほど

まさに「水」ナスです

 

天下の台所大阪では、この水ナスの「浅漬け」が食卓の定番

程よく水分が抜けて、身がしんなりとしてきたら、食べ頃の合図

大阪では、ヘタをとったあとは、水ナスの漬物を、手で裂きます

 

それはなぜか?

 

包丁で切ると、切り口から水分が旨味と一緒に抜けてしまうのです

さらに、断面の凹凸に、醤油がからみやすく、とても美味しくなるのです

 

炊き立てのご飯と相性抜群

 

明日の朝が恋しくなる、

そんな「水ナスの浅漬け」はどうですか



大阪黒門市場伊勢屋商店の手前漬7種盛り
※通販サイト「BallooMe」へ移動します

季節で見る

種類で見る