おいしい食材のこと

ごはん・パン

ごはん・パン

北海道美瑛町から美味しい今年の「ゆめぴりか」が届きました

北海道美瑛町から美味しい今年の「ゆめぴりか」が届きました

今年も新米の季節がやってきました。

本日ご紹介するのは「ゆめぴりか」

数々の飲食店で使われ、ご家庭でも購入しやすくなりました。

ゆめぴりかは、コシヒカリとあきたこまちのいいとこ取りをしたお米です。モチモチとした食感と独特の甘みで、お米だけでも美味しいと言われる銘柄ですが、本来の持ち味は、周りの食材を活かすオールラウンダーの様な対応能力の高さです。

特に味の濃いおかずとの相性が抜群です。

周りの食材の旨味を吸ったお米は最後に口の中に余韻を残したり、様々な食材を一緒に食べる時には食感をまとめたり、さっぱりしたい時にはリフレッシュ役になったりと、ゆめぴりかは雄弁に食材と調和します。
今年の新米も美味しいです。ぜひご賞味くださいませ。


おいしいゆめぴりかはこちら
※通販サイト「グランエックス マルシェ」へ移動します

朝採れのとうもろこし

朝採れのとうもろこし

山梨県甲府の特産品種とうもろこし「きみひめ」の

収穫が始まりました。

 

昼夜の寒暖差により、実に糖が残り、

最高糖度19度(メロンの中でも特に甘いものと同等)にもなる

甘いとうもろこしが育ちます。

 

とうもろこしの一番美味しいタイミングは、

糖が十分蓄積された早朝。

収穫は朝5時に行われ、一番美味しい状態で出荷されます。

 

そんなきみひめを、美味しいお米と一緒に炊き上げました。

実をこそぎ、芯と一緒にご飯を炊きます。

 

炊飯中の香りが特に甘く、食欲をそそります。

炊き上がった後、少し蒸らして出来上がり。

 

シャキッとしたとうもろこしの食感は残りつつ、

お米はふっくら炊き上がっています。

 

この時期しか味わえない「きみひめ」です。

ご家庭で旬のとうもろこしご飯をお楽しみくださいませ。



初夏の風物詩「きみひめ」
※通販サイト「BallooMe」へ移動します

季節で見る

種類で見る