おいしい食材のこと

夏 summer

夏野菜と一緒に「さくらポークの生ウインナー」

夏野菜と一緒に「さくらポークの生ウインナー」

生ウインナーは、その名の通り製造工程で高温加熱を施さず調理したウインナーです。

塩胡椒で味付けした生肉を袋に充填した後、低温で乾燥し燻製をかけて、さらに熟成させます。脂の酸化が抑制されるため、味が落ちにくく、肉感やジューシーさを楽しめます。今回はスチームコンベクションオーブンで、こんがりと焼き目をつけました。

 

そんな生ウインナーの原料に使うのが、四日市の畜産公社が推薦するさくらポーク。

獣臭を抑えた雑味のない脂と、肉質の甘みが特徴の豚肉です。

 

肉好きにはたまらない逸品ですが、

肉感が強いので、食べ疲れることもしばしば。

そんな時は、夏野菜と一緒にどうですか。

生ウインナーの肉汁がドレッシングの代わりとなり、夏野菜に旨味を加え、また、夏野菜が口の中をリフレッシュしてくれるので、食べ飽きることもありません。

 

夏野菜と一緒に楽しむ、さくらポークの生ウインナーはいかがですか。



さくらポークのあらびき生ウインナーと味噌漬けのセット
※通販サイト「グランエックス マルシェ」へ移動します

まるでワカメ「おかわかめ」

まるでワカメ「おかわかめ」

「おかわかめ」は、つくる農家さんが少なく、

八百屋で目にすることが少ない、珍しい野菜です。

日本には中国から長寿の薬草として伝わり、

葉酸やミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅)、

ビタミンAを多く含み、栄養価が高いことから、健康野菜として注目されています。

ツルムラサキの仲間で、 厚みのある葉っぱが特徴、しっとりしています。

その名の通り、茹でた後の食感が、まるでワカメ。

栄養たっぷりのお野菜で、和食を中心に、

いろんな料理との相性も抜群です。

 

そんな「おかわかめ」を30秒ほどさっと茹でて、

水切りしたミズナと釜揚げシラス、和風ドレッシングと

合わせたのが、和風おかわかめサラダです。

 

暑いこの時期は特におすすめのサラダです。

ぜひご賞味くださいませ。



ぬるっとして、シャキっとして、不思議な野菜「おかわかめ」
※通販サイト「グランエックス マルシェ」へ移動します

冷たいだしをかけて食べる名古屋コーチンの冷製親子丼

冷たいだしをかけて食べる名古屋コーチンの冷製親子丼

親子丼と言えば、出汁の染み込んだ鶏肉をふわとろ卵がつつんで、熱々のご飯の上に盛りかけてがっついて食べるイメージなのですが、今回は暑い夏もさらっと食べられる冷製親子丼を作りました。

今回は、ブランド地鶏の名古屋コーチンを使います。

 

カットした玉ねぎの上に鶏肉を載せ、和風液体出汁をかけ、スチームコンベクションオーブンで加熱。表面はカリッと焼き上がりながら出汁を吸込み、お肉はふんわりと柔らかい仕上がりです。

ごはんをよそい、鶏肉、トマト、きゅうり、ゆで卵などを盛り付けて、濃い目の冷製和風出汁をかけて出来上がりです。

 

冷製親子丼ぜひお試しください。



名古屋コーチンのお話はこちら
※通販サイト「BallooMe」へ移動します

野菜界のニューフェイス!『コリンキー』

野菜界のニューフェイス!『コリンキー』

キュートなビジュアル

コリっと食感

何とも言えない幸せな黄色

 

生で食べられるかぼちゃ

”コリンキー”

 

日本で改良された品種で

まだ20年もたっていない若手ホープ野菜

 

最近ではレストランなどでも

見かけるようになった黄色の野菜

 

名前も愛嬌ありますが

この野菜の良さは何と言っても食べやすさ!

 

夏が旬のかぼちゃですが

夏にほくほくとしたかぼちゃは食べづらい、

そんな方にもおすすめです

 

クセがなく皮ごと食べられるので

サラダや浅漬けピクルスなどに最適

包丁で切るのも簡単です

 

まずはサラダで是非!



コリンキーの農家さんのお話はこちら
※通販サイト「グランエックス マルシェ」へ移動します

おかひじきと赤紫蘇のまぜご飯

おかひじきと赤紫蘇のまぜご飯

暑さ増すこの時期は、どうしても食欲がわきにくい。

そんな時にオススメなのが、おかひじきと赤紫蘇のまぜご飯です。

 

おかひじきは、アカザ科の一年草で、ほうれん草などと同じ仲間です。

山形県内では古くから春先の緑色野菜として食用にしてきました。

ミネラルたっぷり夏の栄養源で、ビタミン、ミネラル、カリウムを多く含む夏の栄養野菜で、鮮やかなグリーンとクセのないシャキシャキとした食感が特徴です。

 

おかひじきをさっと茹で、収穫仕立ての香り豊かな赤紫蘇をみじん切りにして、たきたてのごはんと和えるだけ。炊いた発芽大豆を加えると食感もふくよかになります。

 

炊きたてごはんに野菜を加える一工夫。

ぜひお試しください。



おかひじきのことをもっと知りたい方はこちらへ
※通販サイト「グランエックス マルシェ」へ移動します

機能性果実「ブルーベリー」

機能性果実「ブルーベリー」

ブルーベリーは現代の機能性果実。

ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」という成分は、

ロドプシンという視覚に関するたんぱく質の合成に関わっており、

視機能の改善や視力低下の防止、白内障予防にも効果があると言われています。

また、目や皮膚、鼻や喉などの粘膜を保護すると言われるビタミンAも豊富。

食物繊維もたっぷりで、腸内環境を整えてくれます。

 

そんな機能性果実のブルーベリーとクリームチーズで

フルーツサンドを作りました。

パンは、ブルーベリーを練りこんだ米粉パン。

しっとりとしたパンとブルーベリーの甘酸っぱさとの相性が良く、

美味しくブルーベリー補給ができます。

ご家庭で旬のブルーベリーサンドを作ってみてはいかがですか。



美味しいブルーベリーを作る農家さんのお話はこちらをどうぞ。
※通販サイト「グランエックス マルシェ」へ移動します

うなぎの背開きと腹開き

うなぎの背開きと腹開き

本日は土用の丑の日です。

 

うなぎは脂がのっている冬が旬ですが、蒲焼きにした時の香ばしさを楽しむのであれば、暑い夏も美味しい時期です。

 

そんなうなぎは、関西と関東で調理方法が違います。

うなぎをさばく時、関東では「背開き」、関西では「腹開き」をします。

 

この背開きと腹開きの言い伝えが面白いんです。

「腹を切る」ことが切腹を想起するとのことで、武士が多いとされた関東では「背開き」が主流となり、「腹を割って話そうよ」と、商人気質がそのままさばき方にもでているのが関西の主流になったと言い伝えられています。

 

昔の人々のやりとりを想像しながら、うなぎを食べるのも楽しいですね。



ふっくら柔らかうなぎ蒲焼き(長焼き、120gx3尾)
※通販サイト「BallooMe」へ移動します

おいしい桃源郷の桃

おいしい桃源郷の桃

山梨県南アルプス市

伊東さんの桃の畑に行くと

桃色の景色が一面に拡がる淡い

甘い香りが漂います

 

まさにここは、おいしい桃源郷という言葉が似合います

 

桃の栽培をしている農家の伊東さんは

30年以上極力農薬を使わず栽培しています

 

桃の出荷が始まると

朝から晩まで桃の出荷に専念します

伊東さんの桃はすべて樹上完熟仕上げです

 

一口かじれば果汁が滴ります

 

不老長寿の果物とも言われ

孫悟空も口にしたと言われる伝説があるとか

 

あふれる水密に想いをよせながら

桃の香りに包まれて、

浪漫に浸るのもおいしい食べ方です

 

この時期 特においしい桃をお楽しみください



南アルプスの桃源郷から 極上完熟!桃(約3kg 8~12玉)
※通販サイト「BallooMe」へ移動します

追熟が美味しい富良野のメロン

追熟が美味しい富良野のメロン

北海道富良野はブランドメロンの産地。

北海道内では、夕張に引けを取らないほどの人気で、

水はけの良い土地と果実成熟期の寒暖差により、

甘くて美味しいメロンが育ちます。

 

富良野のメロンの特徴は、引き締まった果肉。

大きいサイズのものが収穫できるのが特徴です。

夏の贈り物としても選ばれています。

 

そんな富良野のメロンをさらに美味しく召し上がる秘訣が追熟です。

 

風通しが良く、直射日光の当たらない15〜20℃の場所で保管しておくと、メロンから甘い香りが漂いはじめ、たたいてみるとボンボンと鈍い音が鳴るようになります。これが追熟の合図。

 

追熟すると引き締まった果肉がとろけるように柔らかくなり、甘さがさらに増します。

 

暑さ強まる中、追熟させた富良野のメロンはいかがですか。



北海道富良野の超特大メロン2kg玉
※通販サイト「BallooMe」へ移動します

ポンポンポーンが美味しい食べごろの合図、秘蔵っ子のすいかです。

ポンポンポーンが美味しい食べごろの合図、秘蔵っ子のすいかです。

英名では「watermelon」

90%以上が水分なので、

水分補給に最適な夏の風物詩のすいかです。

 

ミネラルやアミノ酸が豊富で、

夏バテや疲労効果の効能があるとも言われており

エジプトでは4000年前には栽培されていたようです。

 

千葉県富里市にもう40年以上すいかづくりを営む

名人の田中一仁さんは、

ひとつのツルに2~3玉のみを栽培します。

そんな名人の秘蔵っ子 “ゴールドメダルすいか” は、

クリーミーな甘さで、色だけでなくおいしさも金メダル級の逸品です!

完熟ぎりぎりで収穫することで皮の際まで甘く、

美味しく食べごろになると、すいかを叩いた時に、「ポンポンポーン」と少し低い音がします。

 

暑さ厳しい夏、田中さんの秘蔵っ子のすいかをお楽しみくださいませ。



極甘ゴールデンすいか(4L以上)
※通販サイト「BallooMe」へ移動します

季節で見る

種類で見る