希のとっておき

vol.04

香りも味もぜんぜん違う!
コーヒーの淹れ比べ、
飲み比べ。

ずっと気になっていたGXのコーヒーメーカーで、今日はコーヒーの飲み比べ。
3種類[エチオピア/ブラジル/グアテマラ]の豆で淹れてみました。

準備といえば、
コーヒーの粉を入れて、抽湯温度を90℃・浸し時間を60秒に設定、あとはスタートボタンを押すだけ。
紙のフィルターも要らないんですね。
簡単すぎます!

普段からコーヒーはよく飲むんですけど、
ゆっくり淹れる時間がなかなか取れないので、これはとっても嬉しいです。

いい香りが部屋に広がってきたところで、
「ピーッ!」と音が鳴ったら出来上がり。
ひと口飲んでみると…。
エチオピアの豆はあっさり軽やか。
そしてふわっと華やかさが広がります。
ブラジルとグアテマラは、
コクがあってしっかりずっしりした印象。
チョコレートと相性がよさそう。
コーヒーを甘いスイーツに合わせていただくのは最高ですよね。
もしこの中でひとつを選ぶとしたら…?
すごく悩みますが、
私は、軽やかなのに華やかさがきわだつエチオピアかな。

どんどん興味が出てきて色々伺ったのですが、
GXのコーヒーメーカーは、抽湯温度と浸し時間が選べるので同じ豆でも味わいが変化するそう。
そこで早速、好きな味のエチオピアの豆で、
淹れ方を変えてみることにしました。
その1:95℃で30秒
その2:90℃で60秒
その3:85℃で90秒
違いがわかるかな?と、ドキドキしながら飲み比べてみると…

結果は、全然違いました!!
言葉にすると、
1はスーッと入っていくような軽やかさ
2はコクがちょうど良い感じ
3はフルーティな酸味と深み

といった感じでしょうか。

時間と温度でこんなにも変わるんですね!

機能としては、
温度3段階×浸し時間5段階の、なんと15パターンも設定できるそうで、飲むシーンやその日の気分で、好きな組み合わせを選べるんです。

新しい豆を買ったら
自分好みの淹れ方を見つけていく楽しみもあるし、
飲む人の好みに合わせて
淹れ方を変えてあげることもできますね。

これから、
いろいろな豆で、いろいろな淹れ方で、
自分の味を探してみたいと思います。